お知らせ

【骨ドック実施中】あなたの骨は健康ですか?

当院では骨粗しょう症の診断に有用とされるDEXA(デキサ)法を用いたより正確な骨密度測定が可能となりました。
DEXAとは日本骨粗鬆学会ガイドラインや世界中の骨粗鬆症ガイドラインで基準測定器として定められているX線骨密度測定装置です。
極めて少量のX線を使用して、精密かつ迅速な検査が可能となります。従来のように手の骨で測定するのではなく、骨折すると重傷化しやすい腰椎(腰の骨)と大腿骨頚部(股関節の骨)で測定します。

 
 
骨粗しょう症Q&A

骨粗しょう症とは?

骨の密度と質の低下により、骨が弱く、脆くなる病気です。転倒などにより骨折しやすくなり、発症後は適切な治療をおこなわなければ、骨折後に寝たきりのリスクも大いにあります。定期的な検査による予防が肝心です。

どのくらい患者さんがいるの?

2015年時点で全国では約1280万人の患者さんがいると言われています。女性が多く、年々患者数は増加しています。

毎年骨粗しょう症で何人くらい骨折しているの?

国内での大腿骨の骨折発生数は年間約14万人(内約12万人が女性)と推計されています。

受けたほうがいい方は?

  1. 産後の方(妊娠、授乳によっても骨密度は低下します)
  2. 40歳以上の女性、65歳以上の男性
  3. 足や腰、背中に痛みや不安のある方
  4. 身長が低くなったり、背中が丸くなった方
  5. これまでに転倒などによる軽い衝撃で骨折をしたことがある方
  6. ちょっとしたところでもつまづく方
  7. 日常的に喫煙、飲酒をたしなまれる方
  8. 親族に骨粗しょう症の方がおられる方

このような方は定期的(4~6カ月に一度)な骨ドックをおすすめします。

費用について

骨ドックは4500円(税込)(自費)にておこなっております。その結果、骨粗しょう症と診断された場合は検査費用含め保険適用となります。
・1割負担の方:450円
・3割負担の方:1,350円

検査は予約なしで受診いただけます。

最近の記事

アーカイブ一覧

カテゴリー

PAGE TOP