診療案内

診療案内

診療科目

整形外科

外傷(骨折、脱臼、捻挫、打撲、挫傷等)、頚部痛や腰痛、椎間板ヘルニア、手足の末梢神経障害、手指や手首、腱鞘炎、関節痛、骨粗鬆症や関節リウマチ、痛風、交通事故や労災事故など

リハビリテーション

理学療法士による 関節可動域訓練や筋力トレーニングなどの理学療法および温熱治療や電気治療、首や腰の牽引などの物理療法

検査

X線検査(レントゲン)/MRI・CT/骨密度検査/血液検査

整形外科について

整形外科ってどんな時に行けばいいのか、ご存知ですか?
実は「頭の中、胸の中、お腹の中以外はほぼすべて」整形外科で治療を行います。
痛みやしびれといったつらい症状や運動障害は、日常生活や仕事、スポーツ活動などに大きな支障をきたすこともあります。
無理をせず、痛みを感じたら受診してみるようにしましょう。
当院では患者様に寄り添った診療をいたします。

擦り傷・切り傷・刺し傷などケガ全般

多くの人が軽いケガの場合は自然治癒に任せていると思います。しかし、深い傷の場合は皮膚の下の筋肉や腱が傷ついていたために専門的な状態確認や治療を行わないと、後遺症が残る場合がありますので注意が必要です。深い傷を負ったときや、軽くても心配に感じたときは受診するようおすすめします。

打ち身(打撲)・捻挫・骨折・脱臼

打撲・ねんざ・骨折などの治療は、ケガをした直後の初期治療が大切です。痛みをそのままにしておくと、特に小さいお子さんや高齢者には後遺症の危険がありますので、なるべく早く受診されることをおすすめします。

検査により痛みの原因を突き止めます

痛みが出た場合は、まず体のどこに原因があるかを確認し治療を進めます。診察やレントゲン、必要な場合にはMRIなどを用いて原因をつきとめ、お薬・湿布・注射などの治療によって痛みを軽減していきます。症状が極端に悪化してしまっている場合は手術治療が必要な場合もあります。

検査により早期治療を目指します

加齢に伴いあらわれやすい症状として、関節リウマチ・骨粗鬆症・痛風が主に上げられます。原因は様々ですが、重症化しないためにもレントゲン検査や血液検査、骨密度検査を受けていただき、長く健康を維持できるようにお手伝いいたします。

スポーツでの外傷の治療

スポーツで起こりうるケガ(骨折、打撲、捻挫、脱臼、肉離れ、アキレス腱断裂、テニス肘、野球肘等)の外傷全般や、切り傷等の縫合処置を行います。部活動やサークル活動でケガをしてしまった場合、治療にとりかかるスピードがその後のスポーツ活動に大きく影響します。ベストパフォーマンスを発揮できるようにお手伝いします。

リハビリテーションについて

当院では、さまざまな設備・器具を使用したリハビリテーションを受けていただけます。
患者様が感じられている症状や、検査の結果に応じて、身体機能の治癒・回復の促進を目指し個別に訓練メニューを設計します。
日常生活での困りごとを緩和し、痛みを取り除くお手伝いをいたします。

マイクロ

患部にマイクロ波をあてることで皮膚の深部まで温め、代謝を亢進し、痛みを和らげたり軽度のむくみを改善します。

干渉波治療器

神経の働きを調整し、体の不調を和らげます。疼痛性疾患・手脚のしびれの他、疲労回復・血行促進などの症状を緩和します。

腰の牽引(腰椎牽引)

腰の痛みの治療に用います。腰(腰椎)を引っ張ることにより椎間板や関節への負担が軽減され、筋肉の緊張の緩和や血流改善による痛みの改善を図ります。

首の牽引(頚椎牽引)

首の痛みの治療に用います。首(頸椎)を牽引機で引っ張ることにより、狭くなった背骨の隙間を広げ、骨同士の圧迫を軽減させたり、ずれを矯正します。

SSP

SSP(Silver Spike Point)電極をツボに置き、低周波の電気によって刺激します。刺さない鍼治療ともいわれ、血行改善や鎮痛・消炎効果があります。

ホットパック

ホットパック(温湿布)はゆっくりと熱を放出するので、患部を皮膚の上から緩やかに温めます。代謝の亢進や血管の拡張による血行促進効果などが得られます。

各種検査

骨密度測定、一般レントゲン撮影を行っています。院内検査を受け付けていないものについても、他の病院をご紹介いたしますのでご相談ください。

X線検査(レントゲン)

骨折の有無や関節、脊椎疾患等の診断に用います。

MRI・CT

単純レントゲンでは診断が困難な骨折や膝半月板、椎間板ヘルニア等精査に用います。

骨密度検査

骨粗鬆症の診断、治療の際に行います。

血液検査

感染性疾患、関節リウマチ、痛風等の診断に用います。

PAGE TOP